初めて何かを勉強するときの本の読み方と本の選び方。資格取得の際にも役立つ!

初めて何かを勉強するときの本の読み方と本の選び方。これができれば資格取得の際にも役立つ! まとめ

今回は初めて勉強するときの本の読み方と選び方についてです。

資格をとるときなんていうのはその資格の専門用語からまずわかりませんよね。

好きでその資格を取るならまだしも、会社から言われて資格を取る場合お手上げ!

なんて場合もあります。

図書館で資格取得の勉強をされる方も多いので、何かの勉強を始める際の取り組み方をお話しします。

本を探しにいく

たとえば、パソコンのことを勉強したいと思った場合、

本屋さんや図書館に行き、下の写真の中の丸印の中の目印を探します。

その目印には、カテゴリーが書いてあるので、

パソコン関係の本を見たい場合は、「パソコン」と表示されている目印を探すんです。

そうすれば、パソコン関係の本が集まっている場所にたどり着けます。

もちろん

調べごとのお手伝いをさせていただきます。図書館員の大事なお仕事“レファレンス・サービス”

図書館に来館された際に、司書に「パソコンの本はありませんか?」と聞かれたら、

もっと詳細をお聞きしてしまいますが、

パソコンの本がある場所にお連れします。

本屋さんでも同じだと思います。

定番書を見る

なんとか、パソコンの本が集まっている場所にたどり着けたら、次は定番書を見ます。

まだ、読みません。

見ます。

読み始めると、わからない言葉だらけなので、嫌になってしまいます。

ですから、見るだけ♬

ぴよ
ぴよ
ふむふむ、こんな本があるんだなー

そうそう!

そのような軽い感じで眺めます。

定番書の見つけ方

ぴよ
ぴよ
えっ、でも定番書の見つけ方がわからないよ・・・


そうなんです!

初めての時って何が定番書なのかすらもわからない!!

ですので、本を眺めた後にパラパラと木になる本をめくります。

そのパラパラ見たときに参考資料として載っている本を読み進めると良いです。

これが定番書の見つけ方です。

知りたいと思い、本を手に取る

本のあるところに行って本を眺めます。

そのとき、何について知りたいか、ということを頭に置いて本を見るだけで、

頭は意外とその本を見つける能力があるんです。

ですから、パソコンの本を何となく探すというより、

「パソコンでの画像編集の仕方が載っている本が欲しい!!」

「パソコンをまずインターネットにつなげる方法から知りたい!!」

「パソコンでメールを送りたい!!」

などの目的意識を持って本を探すようにしてみてください。

司書に本のある場所を聞く場合も、上記のようにおっしゃっていただけると探しやすいです。

パソコンでメールを送りたい!!というときにご案内する本の場所が集まっている場所と「パソコンをまずインターネットにつなげる方法から知りたい!!」とう情報が載っている本は別の場所にあることが多いんです。

では、本屋さんに行った場合の詳しい本の選び方を時系列に沿って紹介します。

大きな本屋さんに行って本を手に取る

本屋さんには今売れ筋の本がたくさん置いてあります。

逆を言うと、定番書は本を置くスペースのある本屋さんのほうが置いてあります。

だってほら、置く場所がないから・・

ですから、大きな本屋さんがオススメです。

ちなみに、売り場面積の小さな本屋さんに行くのは、買う本が決まっているときや毎回買う本を買うときに利用します。

本屋さんに着きました。

本屋さんについたら、上記でご説明差し上げたとおり、

1、看板を見つける

2、本を眺める

3、本をパラパラする

をしたら、パラパラしている本の中で下記を調べます。

  • 初版で終わっているか
  • 他の本はあるか
  • あとがき、まえがきで感じを掴む
  • 引用の参考文献を見る
  • 売れている本かどうか
 

初版で終わっているか

初版で終わっているかどうかは、奥つけという、本の一番後ろのページに書いてあります。

上記の画像の本だと初版では終わっておらず、10回も版が変わっていることがわかりますね。

 他の本はあるか

続編その他があるかみてみましょう

 あとがき、まえがきで感じを掴む

あとがき、まえがきは作者の思いやストーリーが書かれています。

そこを読めば、だいたい作者の言いたいことはわかると言われる方もいらっしゃるくらい大事な部分です。

あとがき、まえがきは読み飛ばしてしまう方も多い箇所ですが、読んでおいたら得しかありません。

読書感想文でもまえがきやあとがきを読んでから本文を読んだ方がお話がわかりやすいなんてことは往往にしてあります。

読みたい本がわからない(;´д`)でも読書感想文を書かなくちゃ!読書感想文の書き方をマルっと公開!

 引用の参考文献を見る

参考文献に関しても、本の最後のほうのページに一覧として出ていることが多いです。

 売れている本かどうか

売れている本かどうかのチェックは意外と簡単です。

本屋さんの商品台の平台というところに、平積みになっている本が売れている本です。

といった具合にパラパラめくった本からも情報を得、そのあとに続く情報も得ていくイメージで本を探します。

こうやって関連本をパラパラみていくうちに自分の探している情報を見つけられる能力もぐんぐんあがっていきます。

初めて何かを勉強するときの本の読み方と本の選び方。これができれば資格取得の際にも役立つ! まとめ

わたしたち司書はこうやって自分の中にない知識の本を選んでいます。

こういった本の選び方ができるようになるには本を200冊読めばいいと言われています。

是非、体得してこれからの本選びを楽にしちゃってくださいね。

最後までお読みくださりありがとうございました。

見つけた本を並行読書してもオススメ♪

今日のおはなしは並行読書です。 聞いたことありますか? 並行読書。→へいこう どくしょ と読みます。 並行読書とは文部科学...
プロフィール

 

司書歴13年。

これまで培ってきた図書館員としての知識を綴り最近はやりのイベントについてやオススメの本についてや、本に関わるアレコレを書いています。

 

私はこのサイトを通じて、全然本を読んだことがない、興味すらないという方には「きっかけ」を

本は読んだことはあるけど、この本読んだことがないなという方には、「魅力」を

そして、

本なんか毎日読んでいるよという読書家さんには「他の人の感想」を

お伝えしたいなと思っています。

良かったらみなさんのオススメの本も教えてくださいね♪

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする