第164回芥川賞・直木賞芥川賞・直木賞発表!推し、燃ゆと心淋し川に決定!

第164回芥川賞・直木賞が2021年1月20日に決定しました。

芥川賞は宇佐見りんさん「推(お)し、燃(も)ゆ」

直木賞は西條奈加さん「心淋(うらさび)し川」です。

ノミネート作一覧はこちらから

第164回芥川龍之介賞・直木賞候補作発表!!2020年下半期の芥川賞・直木賞は誰が受賞するのか

芥川賞受賞作品:「推(お)し、燃(も)ゆ」

宇佐見りん

「推し、燃ゆ(おしもゆ)」 雑誌文藝春秋

文藝春秋2021年3月号 (第164回芥川龍之介賞受賞作 宇佐見りん「推し、燃ゆ」 全文掲載)

「推し、燃ゆ(おしもゆ)」 文藝春秋 芥川賞

芥川賞 直木賞 受賞作品芥川賞作品は大抵雑誌に掲載された時点で受賞が決まるため一番早く読めるのは雑誌です。

ですが今回はキンドルでも読めます。

「推し、燃ゆ(おしもゆ)」Kindle

芥川賞 直木賞

推し、燃ゆ

逃避でも依存でもない、推しは私の背骨だ。アイドル上野真幸を“解釈”することに心血を注ぐあかり。ある日突然、推しが炎上し――。芥川賞 直木賞

宇佐見りん作品一覧

かか

芥川賞 炎上

かか

芥川賞 アイドル 推し 第33回三島由紀夫賞、第56回文藝賞受賞作

19歳の浪人生うーちゃんは、大好きな母親=かかのことで切実に悩んでいる。かかは離婚を機に徐々に心を病み、酒を飲んでは暴れることを繰り返すようになった。鍵をかけたちいさなSNSの空間だけが、うーちゃんの心をなぐさめる。
脆い母、身勝手な父、女性に生まれたこと、血縁で繋がる家族という単位……自分を縛るすべてが恨めしく、縛られる自分が何より歯がゆいうーちゃん。彼女はある無謀な祈りを抱え、熊野へと旅立つ――。

今回芥川賞を受賞した推し燃ゆが実は宇佐見りんさんの第2作目なんです。

この第1作目のかかでも大成されている作家さんたちから大絶賛されていました。

すごいですね!!

『かか』を読んだとき、私は宇佐見さんが好きだという中上健次の『一九歳の地図』を思い浮かべた。どちらもこの世界には絶対に屈しないという十九歳の叫びだ。
――高橋源一郎

人間の気分、気持ちが恐ろしいほど正確に文章化されている。そしてそれが何度も人間存在そのものに迫って胸を衝かれる。
――町田康

直木賞受賞作:「心淋し川(うらさびしがわ)」

西條奈加さん

直木賞受賞

心淋し川 (集英社文芸単行本)

直木賞 芥川賞 「誰の心にも淀みはある。でも、それが人ってもんでね」江戸、千駄木町の一角は心町(うらまち)と呼ばれ、そこには「心淋し川(うらさびしがわ)」と呼ばれる小さく淀んだ川が流れていた。川のどん詰まりには古びた長屋が建ち並び、そこに暮らす人々もまた、人生という川の流れに行き詰まり、もがいていた。青物卸の大隅屋六兵衛は、一つの長屋に不美人な妾を四人も囲っている。その一人、一番年嵩で先行きに不安を覚えていたおりきは、六兵衛が持ち込んだ張方をながめているうち、悪戯心から小刀で仏像を彫りだして……

時代小説から現代小説まで幅広く手がける作家さです。

ですが時代小説を書いていらっしゃるイメージが強いです。

第164回芥川賞・直木賞芥川賞・直木賞発表!推し、燃ゆと心淋し川に決定! まとめ

お二方の作品とも、読み方が変わっているなーというのが第一印象でした。

芥川賞直木賞の受賞作品発表直後は図書館でも予約が殺到します。

ちょっと間を置いてからご予約くださればと思います。

芥川賞と直木賞の違いは主に3つ。芥川賞と直木賞の違いって一体なに?作ったのは誰?できたのはいつ?

最後までお読みくださりありがとうございました!!

プロフィール

 

司書歴13年。

これまで培ってきた図書館員としての知識を綴り最近はやりのイベントについてやオススメの本についてや、本に関わるアレコレを書いています。

 

私はこのサイトを通じて、全然本を読んだことがない、興味すらないという方には「きっかけ」を

本は読んだことはあるけど、この本読んだことがないなという方には、「魅力」を

そして、

本なんか毎日読んでいるよという読書家さんには「他の人の感想」を

お伝えしたいなと思っています。

良かったらみなさんのオススメの本も教えてくださいね♪

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする