平成最後の芥川賞と直木賞2019は誰の手に?!1月16日(水)発表!!

毎年、2回発表になる芥川賞と直木賞

みなさん、楽しみにされているこの発表

今年は一体誰が選ばれるのか??

気になりますねー❥

今夜決定!第160回芥川賞・直木賞(平成30年下半期)

直木賞には、真藤順丈(しんどう・じゅんじょう)さん『宝島』(講談社)

1977(昭和52)年、東京生まれ。

2008(平成20)年に『地図男』で第3回ダ・ヴィンチ文学賞大賞を受賞してデビュー。

直木賞は初ノミネートでの受賞となった。

第160回直木賞受賞 宝島

また、「宝島」では第9回山田風太郎賞も受賞しました。

真藤順丈(しんどう・じゅんじょう)いままでの作品

『地図男』

2008年

第3回ダ・ヴィンチ文学賞大賞受賞。

地図男 (ダ・ヴィンチブックス)

『庵堂三兄弟の聖職』

08年

第15回日本ホラー小説大賞受賞。

庵堂三兄弟の聖職 (角川ホラー文庫)

『バイブルDX』10年メディアファクトリー刊。『畦と銃』11年講談社刊。『墓頭』12年角川書店刊。『七日じゃ映画は撮れません』14年実業之日本社刊。『しるしなきもの』15年幻冬舎刊。『黄昏旅団』15年文藝春秋刊。『夜の淵をひと廻り』16年KADOKAWA刊。

芥川賞には、 上田岳弘(うえだ・たかひろ)さん『ニムロッド』

1979年生まれ。

早稲田大学法学部卒業後、法人向けソリューションメーカーの立ち上げに参画し、現在同社で役員を務める。


上田岳弘さん いままでの<作品>

「太陽」2013年新潮11月号第27回三島由紀夫賞候補。「惑星」14年新潮8月号=第152回芥川賞候補。『太陽・惑星』14年新潮社刊。

「私の恋人」

15年新潮4月号
第28回三島由紀夫賞受賞

私の恋人 (新潮文庫)

「異郷の友人」15年新潮12月号=第154回芥川賞候補、単行本は16年新潮社刊=第38回野間文芸新人賞候補。

『塔と重力』

17年

第68回芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞。

塔と重力

町屋良平さん(まちや・りょうへい)『1R(いちらうんど)1分34秒』

1983年生まれ。埼玉県立越ヶ谷高校卒。2016年「青が破れる」で第53回文藝賞を受賞。同年、同作を収録した『青が破れる』でデビュー。

町屋良平さん<今までの作品>

『青が破れる』2016年河出書房新社刊=第30回三島由紀夫賞候補。「しき」18年文藝夏季号=第159回芥川賞候補、単行本は18年河出書房新社刊=第40回野間文芸新人賞候補。

 という、お三方が選ばれました。

おめでとうございます!!!

でも、これって一体誰が選んでいるの?

気になりませんか?

芥川賞直木賞選考委員って誰?

日本文学振興会事務局が選んだ9名で芥川賞直木賞が選考されました。 

  • 小川洋子
  • 奥泉光
  • 川上弘美
  • 島田雅彦
  • 高樹のぶ子
  • 堀江敏幸
  • 宮本輝
  • 山田詠美
  • 吉田修一

錚々たる顔ぶれですね。

こんなにたくさんの人気小説家の方々が選んでいたんですね。

ちなみに、選考会は1月中旬に築地の料亭『新喜楽』1階の座敷で行われます。

選考会の司会は『文藝春秋』編集長が務めます。

選考委員はあらかじめ候補作を○、△、×による採点で評価しておき、各委員が評価を披露した上で審議が行われます。

こういった細かい情報を知ることで芥川賞・直木賞により一層興味が出てきませんか?

本を普段読む習慣がない方や、新しい分野にチャレンジしようとしている方はこういった受賞作品を試しに、読んでみてもいいかもしれません。

自分では読まない分野に手を出そうと思えるチャンスは作らないとありません。新しい分野に挑戦し、自分の幅を増やせることも、読書の魅力です。

今回ノミネートされていたのは6作品

今回芥川賞にノミネートされていたのは、以下の6点!!

    • ジャップ・ン・ロールヒーロー 鴻池留衣

ジャップ・ン・ロール・ヒーロー

    • 戦場のレビヤタン 砂川文次

戦場のレビヤタン

    • 居た場所 高山羽根子

居た場所

    • 平成くん、さようなら 古市憲寿

平成くん、さようなら

    • 1R1分43秒 町屋良介

第160回芥川賞受賞 1R1分34秒

まとめ

自分と共通点のある作家さんや舞台の場所だったりすると本は読みやすいものです。

今回あなたの推していた本は受賞しましたでしょうか?

受賞してもしなくても大作家先生たちの選んだ作品です。

これを機に読んでみてはいかがでしょうか?

お読みくださりありがとうございました。

プロフィール

 

司書歴13年。

これまで培ってきた図書館員としての知識を綴り最近はやりのイベントについてやオススメの本についてや、本に関わるアレコレを書いています。

 

私はこのサイトを通じて、全然本を読んだことがない、興味すらないという方には「きっかけ」を

本は読んだことはあるけど、この本読んだことがないなという方には、「魅力」を

そして、

本なんか毎日読んでいるよという読書家さんには「他の人の感想」を

お伝えしたいなと思っています。

良かったらみなさんのオススメの本も教えてくださいね♪

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする