2019年芥川賞直木賞候補作が発表!今回の直木賞は初の候補者が全員女性!

2019年芥川賞直木賞上半期の候補作が発表されました。

今回は、芥川賞の候補5名。直木賞の候補6名。そしてなんと、直木賞の候補者全員が女性!!

これは賞が始まって初だということです。

芥川賞候補者

社会学者の古市憲寿さんが前回話題を集めた「平成くん、さようなら」に続き、2回連続で候補に挙がりました。

古市さんは前回の落選の時に、「周りの人に応援してもらったから賞を絶対取りたかった」と残念がっているのが印象的でした。

同じく、前回から連続で候補者になった高山羽根子さんは林芙美子文学賞を受賞しています。

候補者3回目の今村夏子さんは三島由紀夫賞、野間文芸新人賞受賞の実力派です。

古川真人さんもまたデビュー作を含め3回目の候補入りにです。初候補の李琴峰さんは台湾生まれ・日本在住で、早稲田大大学院を修了してデビューしました。



今村夏子「むらさきのスカートの女」(小説トリッパー春号)

むらさきのスカートの女 [ 今村夏子 ]

雑誌掲載の段階で候補作品になることが多い芥川賞ですがこの作品は2019年6月7日に単行本化されています。

高山羽根子「カム・ギャザー・ラウンド・ピープル」(すばる5月号)

小説すばる2019年5月号



古市憲寿「百の夜は跳ねて」(新潮6月号)

百の夜は跳ねて

古川真人「ラッコの家」(文学界1月号)

ラッコの家

李琴峰「五つ数えれば三日月が」(文学界6月号)

五つ数えれば三日月が

直木賞

続いて直木賞の候補者です。

図書館の予約数からすると、「平場の月」と「マジカルグランマ」が同率で多い感じを受けますが、結果はどうなるでしょうか!?

※なお、この作者の掲載順は著者名の五十音順で、おすすめ順ではありません。

朝倉かすみ(あさくら かすみ)平場の月 光文社

平場の月

朝倉 かすみさんは1960年8月10日生まれ。
北海道小樽市出身。

2003年「コマドリさんのこと」でデビューしました。

こちらは有名。

2009年「田村はまだか」 この作品で第30回吉川英治文学新人賞を受賞されました。

電子版と文庫版が出版されています。

田村はまだか【電子書籍】[ 朝倉かすみ ]

田村はまだか (光文社文庫) [ 朝倉かすみ ]

2017年『満潮』で第30回山本周五郎賞候補。

満潮 [ 朝倉かすみ ]

2019年今回の第161回直木賞候補作品『平場の月』ではもうすでに第32回山本周五郎賞を受賞しています。

おめでとうございます!!



大島真寿美(おおしま ますみ)渦 妹背山婦女庭訓(いもせやまおんなていきん) 魂結(たまむす)び 文藝春秋

渦 妹背山婦女庭訓 魂結び

窪美澄(くぼ みすみ)トリニティ 新潮社

トリニティ

澤田瞳子(さわだ とうこ)落花 中央公論新社

落花




原田マハ(はらだ まは)美しき愚かものたちのタブロー 文藝春秋

美しき愚かものたちのタブロー

柚木麻子(ゆずき あさこ)マジカルグランマ 朝日新聞出版

マジカルグランマ

選考会7月です

選考会は、2019年7月17日(水)午後4時より東京・築地の料亭いつものとおり「新喜楽」で開かれます。

その後、受賞者が発表されます。




まとめ

今回は史上初の候補者全員が女性です。

平成31年度東京大学学部入学式 祝辞

認定NPO法人 ウィメンズ アクション ネットワーク理事長
上野 千鶴子さんからの祝辞があったように女性の軽視の時代が長く続き隠れた性差別がありました。

文学は男性のものとされてきた時代が長かったので、これはひとつの節目になっていくように思います。

同じ女性として喜ばしい限りです。

さてさて、結果はどうなりますやら。

お読みくださりありがとうございました。

プロフィール

 

司書歴13年。

これまで培ってきた図書館員としての知識を綴り最近はやりのイベントについてやオススメの本についてや、本に関わるアレコレを書いています。

 

私はこのサイトを通じて、全然本を読んだことがない、興味すらないという方には「きっかけ」を

本は読んだことはあるけど、この本読んだことがないなという方には、「魅力」を

そして、

本なんか毎日読んでいるよという読書家さんには「他の人の感想」を

お伝えしたいなと思っています。

良かったらみなさんのオススメの本も教えてくださいね♪

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする