今年の本屋大賞は『そして、バトンは渡された』 瀬尾まいこ(文藝春秋)おめでとうございます!!

今回の本屋大賞は

そして、「バトンは渡された」に決定しました!!!

その他ノミネート作はこちら

本屋大賞獲得!!「そして、バトンは渡された」

【2019年本屋大賞 大賞】そして、バトンは渡された

新品価格
¥1,728から
(2019/5/7 23:10時点)

そして、バトンは渡された 無料試し読み版 (文春e-Books)

60歳代の方に人気の作品。

何度も読みたくなっちゃうという感想が多いです。

435点を獲得し、1位に輝きました。

本屋大賞2019,本屋大賞,2019,そして、バトンは渡された,瀬尾まいこ

第2位は『ひと』小野寺史宜 著 祥伝社

ひと

新品価格
¥1,620から
(2019/5/7 23:20時点)

297.5点獲得

『ベルリンは晴れているか』深緑野分 著 筑摩書房

ベルリンは晴れているか (単行本)

282.5点獲得

まとめ

わたしのオススメの「熱帯」はおしくも4位でした。

予想は外れてしまいましたが、上位3冊は読んでみようと思います。

プロフィール

 

司書歴13年。

これまで培ってきた図書館員としての知識を綴り最近はやりのイベントについてやオススメの本についてや、本に関わるアレコレを書いています。

 

私はこのサイトを通じて、全然本を読んだことがない、興味すらないという方には「きっかけ」を

本は読んだことはあるけど、この本読んだことがないなという方には、「魅力」を

そして、

本なんか毎日読んでいるよという読書家さんには「他の人の感想」を

お伝えしたいなと思っています。

良かったらみなさんのオススメの本も教えてくださいね♪

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする