芥川賞・直木賞候補発表されました!第162回芥川賞・直木賞候補作品決定!(2019年下半期)

第164回芥川龍之介賞・直木賞候補作発表!!2020年下半期の芥川賞・直木賞は誰が受賞するのか

 

芥川,芥川賞,芥川龍之介,直木賞,芥川賞直木賞候補,ノミネート

芥川賞直木賞のノミネート作品が発表されました!!

今回の芥川賞・直木賞は10人中7人が初ノミネートという面白い展開になっています!!

発表は2020年1月15日(水)午後4時より築地・新喜楽にて行われます。

来年の発表が待ち遠しいですね。

前回の受賞作は「むらさきのスカートの女」「渦」でした。

2019年 下半期 芥川賞ノミネート作品

前回のノミネート作品はこちら

木村友祐(きむら ゆうすけ) 幼な子の聖戦

1970年青森県八戸市生まれ。日本大学藝術学部文芸学科卒。

本の出版予定はありましたがまだ、表紙や発売日は決まっていないようです。

1月13日時点で発売になっていました!!

いち早くお読みになりたい方は下記のすばるをご覧ください。

すばる11月号

すばる 2019年 11 月号 [雑誌]

雑誌には幼な子の聖戦が掲載されています。

本屋さんにはもう置いていないと思いますので、本屋さんで取り寄せていただくか、

本も電子書籍も送料無料の総合書店「honto」
や図書館でお借りになってお読みくださいね。

木村友祐デビュー作「海猫ツリーハウス」

2009(平成21)年 第33回すばる文学賞にてデビュー

第25回三島由紀夫賞、第36回野間文芸新人賞、第38回野間文芸新人賞と毎年のように、たくさんの有名な賞の候補作となっていらっしゃる方です。

古市さんが芥川賞候補にノミネートされた際、「参考文献作家です」と言われていた方です。

木村友祐さんツイッター

髙尾長良(たかお ながら) 音に聞く

1992年生まれ。医師。

2012年、『肉骨茶』で第44回新潮新人賞を受賞し、20歳での受賞は新潮新人賞史上最年少です。

電子書籍でもう既に発売されていました!!

普通の単行本バージョン

両方の形態がこんなに早くから出ているなんて結構珍しい気がします。

どちらでも選べるって素敵ですよね。

文學界9月号

文學界 9月号

髙尾長良(たかお ながら)さんの「音に聞く」が掲載されたのは2019年9月号の文學界です。

髙尾長良(たかお ながら)デビュー作「肉骨茶」

2012年、『肉骨茶』で第44回新潮新人賞を受賞し、20歳での受賞は新潮新人賞史上最年少です。

そして、2013年『肉骨茶』が第148芥川賞候補作にノミネートされました。

2回目の芥川賞へのノミネートですね。

すごいですねー

ちなみに、デビュー作 肉骨茶とはマレーシア料理

ちなみにデビュー作の肉粉茶はマレーシアのお料理。

ぶつ切りの豚あばら肉(皮付き)や内臓肉を、漢方薬に用いる生薬と中国醤油で煮込んだ料理で、一般的には土鍋で供される。前述の食材に加えてレタス、きのこ類、湯葉、厚揚げや油条(中国式の揚げパン)などが用いられることもあります。

生薬にはスターアニス(大茴香)、シナモン(桂皮)、クローブ(丁子)、コショウ(胡椒)、ニンニク(大蒜)などがよく使われるが、他にも多様な組み合わせがあり、スープは醤油ベースの深い褐色、あるいはコショウを効かせた澄んだものの2系統があります。

「肉骨茶」の名の由来は諸説様々ありますが、有力なものは2つ。

1つ目は、『語音 由来説』

料理に茶葉は使用しないが、料理を創ったとされる「李文地」の「地」から、あるいは、料理がもともと「肉骨地」と呼ばれていたため、ビン南語で「地」と「茶」の音が類似しており「肉骨茶」と呼ばれるようになったとされる説があります。

2つ目は、『提供方法 由来説』

肉骨茶と米や油条さらにお茶を共に頂く事にも由来する説。

マレーシア、シンガポールの肉骨茶屋では「どのお茶にするか?」と聞かれることが良くあり、肉骨茶屋の看板にも「○○茶使用」と肉骨茶に欠かせない要素となっている。

千葉雅也(ちば まさや)デッドライン

1978年12月14日 生まれ。哲学者。栃木県出身。東京大学卒業。現在は、立命館大学大学院先端総合学術研究科准教授。

電子書籍で出版されています。

今回の作品は初の小説です。

芥川賞を受賞する前に、すでに野間文芸新人賞を受賞しています。

芥川賞を受賞すれば、ダブル受賞ですね!

新潮9月号

直木賞 ダブル受賞 芥川賞

新潮 2019年 09 月号 [雑誌]

千葉雅也(ちば まさや)初の単著哲学書

第4回紀伊國屋じんぶん大賞2013「大賞」を受賞しています。

多重的、多層的に考えたいと思ったとき、フィクションとして小説を書こうと試行錯誤していたようです。

いつもは哲学者として教鞭を執っている先生の作品。

気になりますよね。

千葉雅也さんツイッター

乗代雄介(のりしろ ゆうすけ)最高の任務

1986年生まれ。

法政大学社会学部メディア社会学科卒。

2015年、「十七八より」で第58回群像新人文学賞を受賞しデビュー。

群像12月号

芥川賞直木賞

群像 2019年 12 月号 [雑誌]

乗代雄介デビュー作「十七八より」

第58回群像新人文学賞を受賞しデビューしました。

乗代雄介さんツイッター

古川真人(ふるかわ まこと)背高泡立草(せいたかあわだちそう)

1988年生まれ。

2016年、「縫わんばならん」で第48回新潮新人賞を受賞しデビュー。

すばる10月号

すばる 2019年 10 月号

古川真人(ふるかわ まこと)デビュー作「縫わんばならん」

第48回新潮新人賞を受賞し、また第156回芥川龍之介賞候補にもなりました。

上記に記載させていただいた千葉雅也(ちば まさや)さんのデッドラインもデビュー作で芥川賞候補でしたね。

多いのかな?

でもこの古川真人(ふるかわ まこと)さんのすごいところは、続く作品

2017年の「四時過ぎの船」で第157回芥川龍之介賞候補、そして2019年、「ラッコの家」で第161回芥川龍之介賞候補になっているところです。ご本人的には「もうそろそろ芥川賞候補作ではなく、芥川賞受賞作になりたいよ」と思っていらっしゃるかもしれませんが、何度も候補作になる作品を生み出せるのってすごいなーと素人目には見てしまいます。

3度目の芥川賞候補作なので、是非受賞していただきたいですね。

2019年(下半期)直木賞候補作

噓と正典 早川書房

小川哲(おがわ さとし)

1986年生まれ。東京大学教養学部卒。

2015年

第3回ハヤカワSFコンテスト大賞を受賞しデビュー

熱源 文藝春秋

第10回山田風太郎賞候補、第9回本屋が選ぶ時代小説大賞受賞

川越宗一(かわごえ そういち)

1978年生まれ

スワン KADOKAWA

呉勝浩(ご かつひろ)

2015年

『道徳の時間』:第61回江戸川乱歩賞

背中の蜘蛛 双葉社

誉田哲也(ほんだ てつや)

2002年デビュー

映画化や連続ドラマのシリーズ化にもなったストロベリーナイトも誉田さんです。

ちなみに、ドラマDVDはこちら

落日 角川春樹事務所

湊かなえ(みなと かなえ)

2007年デビュー

まとめ

全5人の紹介をさせていただきましたが、今回は候補者全てが男性でしたね。

前回の直木賞候補者は全員が女性だったので、近年の候補者には男女の偏りがありますね。

それにしても

今回の候補者のみなさんの経歴をまとめさせていただいたいますと、初の小説だったりお医者さんが書いた小説だったり、何度も候補者になっていたりと

その時点でおもしろいなーと思いました。

はてさて、どなたが芥川賞を受賞してもおかしくない作品しかないので来年の発表が今から楽しみでなりません。

図書館でも該当図書の予約がどんどん増えておりますので、図書館での予約を考えられている方はお早めのご予約をオススメいたします。

お読みくださりありがとうございました。

プロフィール

 

司書歴13年。

これまで培ってきた図書館員としての知識を綴り最近はやりのイベントについてやオススメの本についてや、本に関わるアレコレを書いています。

 

私はこのサイトを通じて、全然本を読んだことがない、興味すらないという方には「きっかけ」を

本は読んだことはあるけど、この本読んだことがないなという方には、「魅力」を

そして、

本なんか毎日読んでいるよという読書家さんには「他の人の感想」を

お伝えしたいなと思っています。

良かったらみなさんのオススメの本も教えてくださいね♪

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする