小学生におすすめの詩をのはらうたから谷川俊太郎まで一挙ご紹介。詩が深く理解できる方法も一緒に

小学生におすすめの詩をのはらうたから谷川俊太郎まで一挙ご紹介。詩が深く理解できる方法も一緒に

今回は「詩」についてです。

「詩」っていうと谷川俊太郎さん、くどうなおこさんが有名ですね。

そして、このおふたりの詩は、小学生の頃、国語の時間で習いましたよね?

当時は詩って何を言っているのかわからない部分が多くて、でもそんな中で詩を書けって先生に言われて戸惑った思い出があります。

感想文もそうだけど笑

こどもさんの心を育てるには、「詩」の力ってすごいものがあるんです。

今日はその「詩」の世界について触れてみたいと思います。

小学生全学年にオススメの詩

詩は、他の読み物よりもお子さんの年齢を問いません。

文章も長くないものが多いので、読書の苦手なお子さんにもすすめやすいと思います。

「おれは かまきり」(かまきり りゅうじ) 谷川俊太郎 おれはかまきり

「おれは かまきり」(かまきり りゅうじ)

私が小さい頃に読んで、今でも心になんとなく残っているのは、

こちらの「おれは かまきり」(かまきり りゅうじ)なのです。

あの、話し言葉などを注意されて育つ真っ最中のわたしたちに、「〜ぜ」なんて言っていていいんだというのが感想でした。

かまきりってすごい!!

と思って読んでいました。

こちらののはらうたに載っていて教科書にも掲載されていた「おれは かまきり」(かまきり りゅうじ)です。

この「おれは かまきり」の詩の内容は、

「おう!」という一文から始まります。

小学生の時に「おい!」なんて言った日には怒られませんでしたか?

そのワードを第一に持ってきちゃう勇気に当時は驚愕しましたよねー

未だ覚えています。

「おれはかまきり」を谷川俊太郎さんの作品だと思われている方も多いですが、

実はくどうなおこさんの作品なんです。

おれはかまきりの詩はこちらの記事にも載せています。

谷川俊太郎さんの記事を書いてから、谷川俊太郎さんの詩が気になりだし、おこもり期間中に読んでいました。 名前は知っていて、有名だけど、私...

「あいうえおっとせい」 谷川俊太郎

作: 谷川 俊太郎
絵: 白根 美代子
出版社: さ・え・ら書房

発行日: 1980年

ことばの達人 谷川俊太郎さんです。

30年以上前本ですがオススメです。

児童書って、ちょっと時間が経たないと良本と認められないそうです。

大人の本とはちょっと違うから評価が出るのに時間がかかるのか、

それとも評価をしているのが本を読んでいる児童本人ではなく、これを読んだ方がいいと思う大人だからなのか、

まだまだ担当になったばかりの私にはわかりませんが、誰に聞いてもそういうもんだとしか教えてくれません^^;

いやむしろ、聞いちゃダメな部分なのかも、、

谷川俊太郎 あいうえお アクロスティック あいうえおっとせい

「あいうえおっとせい」はアクロスティックを取り入れた絵本なんです。

アクロスティックは言葉遊びのこと

【アクロスティック】って知っていますか?

行の初めの文字や最終文字、特定の文字を並べると意味のある語や句になるこういう遊戯詩のことを英語でアクロスティックと呼ぶのだそうです。

わたしは、初めて知りました。

意味のある文章のように見えて実は、頭の一文を続けて読むとラブレターになっているや、犯人を指し示しているなんていうのもありましたね。

詩ってなんだろう? 谷川俊太郎

谷川俊太郎 詩 朗読 読書

谷川俊太郎さんが詩ってなに?という疑問に詩で回答しよう!と考えて作った本。

この本もご参考になさってみてください。

谷川俊太郎 あいうえおっとせい 詩 朗読

あいうえおっとせいはこのアクロスティックを取り入れた五十音すべてが網羅された作品です。

読んでいるだけでお子さんには勉強になるし語彙は増えるし、一緒に読んでいる親御さんもあいうえおっとせいに載っている文を読むと面白くなります。

大人も子どもも一緒になって楽しめる詩集です。

谷川俊太郎さんの記事を書いてから、谷川俊太郎さんの詩が気になりだし、おこもり期間中に読んでいました。 名前は知っていて、有名だけど、私...



「びりのきもち」阪田寛夫(さかた ひろお)

作: 阪田寛夫
絵: 和田 誠
出版社: 童話館出版

短編集です。

その中にひとつに「おなかの へるうた」というものがあり児童曲「さっちゃん」になっています。

ビリになったことのあるお子さんには気持ちがわかってもらえたようで、心に刺さります。

平成時代のお子さんはかけっこやテストの点数であまり競争をしなかった分、ビリになるという感覚がわからない子もいるかもしれません。

詩から自分の知らない感覚を会得するという方法もあっていいのかもしれませんね。

しゃべる詩あそぶ詩きこえる詩 はせ みつこ

作: はせみつこ
絵: 飯野 和好
出版社: 冨山房

言葉遊びの達人、谷川俊太郎、まどみちお、工藤直子、川崎洋など、が豊かな経験に基づいて選んだ、とびきり楽しい詩のアンソロジー57篇。

思わず声に出して遊んでみたくなります。

ひとつひとつの言葉が耳に残りやすいので、読み聞かせをした大人ものちに読んだフレーズが永遠リピートしてしまいます。



詩は少ない言葉で表現された世界を読み解かなければいけないから難しい

詩ってむずかしいし、わからないから苦手だなー

と、言ったり聞いたりしたことがきっとあるのではないでしょうか?

詩ってなんで難しいんだろう?

そう考えたことはありますか?

わたしがこの記事を書くにあたり考えたことは、詩ってなんで難しいんだろう?でした。

そして、その答えが、

詩人が何を言っているのかわからないし

自分自身が何を詩にしたらいいのかわからないから

でした。

まるで村上春樹みたいだ笑

何を言っているかわからないって、それを続けると頭は良くなりますが、続けることが難しくなりますよね。

だとしたら、その短い文章で何を言っているのかわかればきっと楽しいものになるはず!!

どうしたら、その詩で何を言っているのかわかるのか、それはその短い文章の中でイメージできちゃうようにするんです!!



詩の理解には頭の中でイメージすることが大切

「他の小説は読めるし意味もわかるけど、詩はよくわかんない。」

そのわかんない理由は短い文章でイメージするという発想がなかったからなんですよね。

だから、自主的に詩の文章でイメージするように心がける

これだけで詩への理解度が一気にアガっちゃいますよ!!

詩は少ない言葉で表現された世界を読み解かなければいけないから難しい

詩を実際に自分で書くことで詩への理解が高まる

読んだり読んでもらったりするだけではなく、自分で書くことで「詩の本質への理解」が高まります。

心に刺さる詩を読むことで、詩という文化自体への興味も高まるでしょう。

最初は何でもいいので、気持ちを書いてみてくださいね。



小学生におすすめの詩集をのはらうたから谷川俊太郎まで一挙ご紹介。詩が深く理解できる方法も一緒に まとめ

いかがでしたでしょうか?

詩って小さい時からとっつきにくいイメージがありませんでしたか?

今回の記事で詩というもののハードルが低くなってくれれば良いなあと思います。

お読みくださりありがとうございました。

プロフィール

 

司書歴13年。

これまで培ってきた図書館員としての知識を綴り最近はやりのイベントについてやオススメの本についてや、本に関わるアレコレを書いています。

 

私はこのサイトを通じて、全然本を読んだことがない、興味すらないという方には「きっかけ」を

本は読んだことはあるけど、この本読んだことがないなという方には、「魅力」を

そして、

本なんか毎日読んでいるよという読書家さんには「他の人の感想」を

お伝えしたいなと思っています。

良かったらみなさんのオススメの本も教えてくださいね♪

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする