谷川俊太郎さんの詩って小学生だけが読むものではない!谷川俊太郎の詩はおとなからこども、もちろん小学生までみんなで楽しめる詩なんです。

谷川俊太郎作品 おとなからこども、もちろん小学生までみんなで楽しめる詩

谷川俊太郎さんの記事を書いてから、谷川俊太郎さんの詩が気になりだし、おこもり期間中に読んでいました。

名前は知っていて、有名だけど、私は谷川俊太郎さんについても谷川俊太郎さんの詩についても何にも知りませんでした。

今回、谷川俊太郎さんについて深く理解を深めていきたいと思います。

以前書いた谷川俊太郎さんたちの詩を集めた記事はこちら

今回は「詩」についてです。 「詩」っていうと谷川俊太郎さん、くどうなおこさんが有名ですね。 そして、このおふたりの詩は、...

谷川俊太郎さんプロフィール

谷川俊太郎(たにかわ しゅんたろう)1931年12月15日生まれの現在88歳(2020年7月現在)

たにがわしゅんたろうさんではなく、たにわしゅんたろうさんが正しい読み方です。

(たにかわ の「か」に 濁点はありません)

1948年から執筆活動をはじめ、1964年には映画製作、そして1965年に絵本の世界に進出されます。

1967年に初の翻訳本を出版されました。

そしてそして!!

2007年までに出版した詩集・詩選集は80冊以上に及んでいます。

今ではもっと増えていることでしょう。

谷川俊太郎さんの詩は英語、フランス語、ドイツ語、スロバキア語、デンマーク語、中国語、モンゴル語などに訳されており、世界中に読者がいらっしゃいます。

谷川俊太郎さんプロフィール 谷川俊太郎 詩 読み聞かせ

谷川俊太郎さんの本でご紹介したいものはたくさんありますが、

出版されている冊数も多いため、初めての分野の作品と、オススメの作品をご紹介させていただきます。

あ、学校の校歌の作詞もなさっていました!

谷川俊太郎デビュー詩集:二十億光年の孤独

谷川俊太郎さんプロフィール 谷川俊太郎デビュー作:二十億光年の孤独

1952年「 二十億光年の孤独」でデビューしました。

「万有引力とは/ひき合う孤独の力である/宇宙はひずんでいる/それ故みんなはもとめ合う」
『二十億光年の孤独』より

なんと、素敵な詩なのでしょうか。

谷川俊太郎 作詞作:月火水木金土日のうた

谷川俊太郎 作詞作:月火水木金土日のうた

1962年にはなんと!!

作詞もされていらっしゃいました!!

多才な方ですよね。谷川俊太郎さん。

レコード大賞作詞賞を受賞されています!!

谷川俊太郎初絵本:けんはへっちゃら

谷川俊太郎初絵本:けんはへっちゃら 詩 谷川俊太郎

谷川俊太郎初絵本:けんはへっちゃら 詩 谷川俊太郎 読み聞かせ

谷川俊太郎初翻訳本:あしながおじさん

谷川俊太郎初翻訳本:あしながおじさん 詩 読み聞かせ 絵本

谷川俊太郎初翻訳本:あしながおじさん 読み聞かせ 絵本

「あしながお おじさん」って有名ですが初めて翻訳した方が谷川俊太郎さんだとは、知りませんでした!!

出版当時のものとは若干違いますが、翻訳は谷川俊太郎さんです。

読み聞かせに使う谷川俊太郎 詩:すき

読み聞かせに使う谷川俊太郎絵本:すき 詩

この表紙は見たことありませんか?

好きな気持ちが溢れてくる絵本です。

読み聞かせに使う谷川俊太郎 詩:わたし

長新太 え

福音館書店

読み聞かせに使う谷川俊太郎絵本:わたし 谷川俊太郎 詩 小学生

読み聞かせに使う谷川俊太郎絵本:わたし 谷川俊太郎 詩 小学生

「わたし」というちょっと難しいテーマではありますが、長新太さんの絵と谷川俊太郎さんの言葉で、お子さんに無理なく内容を伝えてくれる絵本です。

「わたし」はおとこのこから みると おんなのこ

あかちゃんから みると おねえちゃん

といったようにこの絵本の主人公の女の子を誰が見るかの人の立場によって呼び方がかわってきます。

それを時々繰り返される「わたし」という言葉で、主人公の女の子は自分自身はかわらないことに気づきます。

3年生くらいにオススメです。

他の絵本で小学校3年生にオススメの読み聞かせ絵本は以下からどうぞ

小学生への読み聞かせには何を読んであげたらいいでしょうか。 小さい子向けには絵本でいいけど、小学生ともなると絵本じゃちょっと子ども向け...

今回はお子さんがご自身で読める絵本や読み物を集めてみました。 もちろん、お母様方や先生方がお子さんに読み聞かせにご使用いただい...

読み聞かせに使う谷川俊太郎の詩:わらべうた上・下

冨山房

読み聞かせに使う谷川俊太郎の詩:わらべうた上・下

読み聞かせに使う谷川俊太郎の詩:わらべうた上・下

読み聞かせに使う谷川俊太郎の詩:わらべうた上・下この「わらべうた」の中でもオススメなのが、「ぬた福と米福」です。

「ひいらいた ひいらいた」や「のうのうさんいくつ じゅうさんななつ」なども日本のわらべうたを未来に継ぐという意味合いも含め歌ってあげたらお子さんたちは、とても喜んでくれます。

読み聞かせに使う谷川俊太郎の詩:ともだち

和田誠 文

玉川大学出版部

自分の成長を振り返ったり、6年間一緒に育った友達の大切さを感じることができる絵本です。

6年生の読み聞かせにオススメ

ともだち 谷川俊太郎 読み聞かせ 絵本 児童書卒業を控えた時期に読むと、その時期にしか感じられない味わい方で心に入ってくる絵本になります。

全体でひとつの詩になっているので、小見出しも写真ページも大事に伝えましょう。

1冊丸々読んであげたい谷川俊太郎詩絵本:きらきら

吉田六郎 写真

アリス館

1冊丸々読んであげたい谷川俊太郎絵本:きらきら
1冊丸々読んであげたい谷川俊太郎絵本:きらきら 冬の時期におすすめ

1冊読んであげたい谷川俊太郎詩絵本:これはのみのぴこ

和田 誠 絵
サンリード
1冊読んであげたい谷川俊太郎絵本:これはのみのぴこ

1冊読んであげたい谷川俊太郎絵本:これはのみのぴここの「これはのみのぴこ」は読み聞かせによく使われます。

1度読んでおいても損のない作品です。

1冊読んであげたい谷川俊太郎詩絵本:あな

和田 誠 絵

福音館書店

1冊読んであげたい谷川俊太郎詩絵本 詩 谷川俊太郎

あな (こどものとも傑作集)

日曜日の朝、何もすることがなかったので、ひろしは穴を掘り始めます。途中、おかあさんやいもうとのゆきこ、となりのしゅうじくんやおとうさんがやってきて、いろいろなことを言います。でも、ひろしはただ穴を掘り続けます。あなの中に座り込むと、静かで、土はいいにおいがしました。ひろしは思います。「これはぼくのあなだ」。穴から見上げる空はいつもよりもっと青く、高く思えました。そして、穴から出たひろしは……。1冊読んであげたい谷川俊太郎詩絵本 詩 絵本




谷川俊太郎の詩 おとなからこども、もちろん小学生までみんなで楽しめる詩 まとめ

知っているようでいて知らなかった谷川俊太郎さんの作品を少しご紹介させていただきました。

ご自身も作家さんのことを少しでも知れば、たくさんの「読んで読んで」攻撃にもまいらなくなるかもしれません。

どうぞみなさんで谷川俊太郎さんの作品をお楽しみくださいませ

最後までお読みくださりありがとうございました。

プロフィール

 

司書歴13年。

これまで培ってきた図書館員としての知識を綴り最近はやりのイベントについてやオススメの本についてや、本に関わるアレコレを書いています。

 

私はこのサイトを通じて、全然本を読んだことがない、興味すらないという方には「きっかけ」を

本は読んだことはあるけど、この本読んだことがないなという方には、「魅力」を

そして、

本なんか毎日読んでいるよという読書家さんには「他の人の感想」を

お伝えしたいなと思っています。

良かったらみなさんのオススメの本も教えてくださいね♪

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする