十二国記最新刊「白銀の墟 玄の月」あらすじ。どの巻から読んでも面白い!十二国記をあなたはどこから読みますか?

十二国記最新刊「白銀の墟 玄の月」あらすじ。どの巻から読んでも面白い!十二国記をあなたはどこから読みますか?

みなさま、ご存知でしょうか?

十二国記

小野不由美氏による人気ファンタジーシリーズ。

2019年10月12日に、十二国記の18年ぶりの書き下ろし最新作白銀の墟 玄の月が発売しました!!

この十二国記は、世間での注目度も高く、本屋さんはもちろんのこと、図書館でもたくさんのご予約をいただいております。

発売が発表されたのと同時に、(いや、それ以前かも)人気が爆発しています。

18年ぶりの新作をこの秋の夜長に読み進められてはいかがでしょうか?

十二国記の世界

1991年から続くシリーズです。

作者:小野不由美さん

新潮社さんのHPでも大々的に特設ページが作られています!!

私たちの住んでいるこの世界とは別な場所にある「十二国」。

その十二国の中のそれぞれの国で生きている王や麒麟や臣下や民たちの姿を描く、壮大なスケールお話しです。

たまに「蝕(しょく)」と呼ばれる現象によって、こちらの世界の人間が向こうに紛れこんでしまうことはありますが、基本的に二つの世界は行き来できません。

我々が住む世界と、地球上には存在しない異世界とを舞台に繰り広げられる、壮大なファンタジー。二つの世界は、虚海という広大な海に隔てられ、「蝕」と呼ばれる現象によってのみ繋がっている。異世界では、神々が棲む五山を戴く黄海を、慶、奏、範、柳、雁、恭、才、巧、戴、舜、芳、漣の十二の国々が、幾何学模様のような形で取り囲んでいる。それぞれの国では、天意を受けた霊獣である「麒麟」が王を見出し、「誓約」を交わして玉座に据える。王は、天啓のある限り永遠の命を持ち、国を治め、麒麟は宰輔として側に仕える。それぞれの国を舞台に繰り広げられる深遠な人間ドラマは、私たちに「生きる意味」と「信じる強さ」を問いかける大河小説といえる。 また、NHKアニメ化(2002~2003年)でも話題となった。

新潮社特設サイトより抜粋

全4巻の白銀の墟 玄の月シリーズ

白銀の墟 玄の月 第1巻

新シリーズは白銀の墟 玄の月(しろがねのおか くろのつき)』

10月12日発売

白銀の墟 玄の月 1 十二国記 新潮文庫 / 小野不由美 オノフユミ 【文庫】

泰王と泰麒が姿を消して6年。

将軍李斎は景王、延王の助力を経て蓬莱から連れ戻した泰麒と、王を探しに故国へ戻ります。

しかし、王座を奪ったはずの謀反者の阿選の姿はなく、政を行なっている気配もありません。一体戴国に何が起こっているのでしょう。そして王はどこにいるのでしょうか。

白銀の墟 玄の月 第2巻

白銀の墟 玄の月 2 十二国記 新潮文庫 / 小野不由美 オノフユミ 【文庫】

泰麒の突拍子もないと思える行動の裏側にある真意はなんなのでしょう。驍宗を探す李斎達に進展はあるのでしょうか…。

白銀の墟 玄の月 第3巻

11月9日発売

白銀の墟 玄の月 第三巻 十二国記 新潮文庫 / 小野不由美 オノフユミ 【文庫】

李斎(りさい)は、荒民(こうみん)らが怪我人を匿った里(まち)に辿り着く。だが、髪は白く眼は紅い男の命は、既に絶えていた。驍宗(ぎょうそう)の臣であることを誇りとして、自らを支えた矜持は潰えたのか。そして、李斎の許を離れた泰麒(たいき)は、妖魔によって病んだ傀儡(くぐつ)が徘徊する王宮で、王を追い遣った真意を阿選(あせん)に迫る。もはや慈悲深き生き物とは言い難い「麒麟」の深謀遠慮とは、如何に。

白銀の墟 玄の月 第4巻

白銀の墟 玄の月 第四巻 十二国記 新潮文庫 / 小野不由美 オノフユミ 【文庫】

 「助けてやれず、済まない……」男は、幼い麒麟に思いを馳せながら黒い獣を捕らえた。地の底で手にした沙包(おてだま)の鈴が助けになるとは。天の加護がその命を繋いだ歳月、泰麒(たいき)は数奇な運命を生き、李斎(りさい)もまた、汚名を着せられ追われた。それでも驍宗(ぎょうそう)の無事を信じたのは、民に安寧が訪れるよう、あの豺虎(けだもの)を玉座から追い落とすため。──戴国の命運は、終焉か開幕か!



十二国記って実はファンタジー小説

十二国記は、神仙や妖魔の存在する中国風の異世界を舞台にしたファンタジー小説シリーズです。

十二国記の1番最初のお話は下記の「魔性の子」でしたが、こちらの区分けは、ホラー小説なんです。

この「魔性の子」の舞台背景に十二国記がもうすでにできあがっていて、それが本当の十二国記シリーズの始まりになりますが、

あえていうなら、この「魔性の子」がシリーズ0といったところでしょうか。

魔性の子 十二国記 新潮文庫 / 小野不由美 オノフユミ 【文庫】



十二国記シリーズ第1巻 月の影 影の海

十二国記 月の影 影の海 (上)

お捜し申し上げました」―女子高生の陽子の許に、ケイキと名乗る男が現れ、跪く。そして海を潜り抜け、地図にない異界へと連れ去った。男とはぐれ一人彷徨う陽子は、出会う者に裏切られ、異形の獣には襲われる。なぜ異邦へ来たのか、戦わねばならないのか。怒濤のごとく押し寄せる苦難を前に、故国へ帰還を誓う少女の「生」への執着が迸る。

十二国記 月の影 影の海 (下)

 「わたしは、必ず、生きて帰る」―流れ着いた巧国で、容赦なく襲い来る妖魔を相手に、戦い続ける陽子。度重なる裏切りで傷ついた心を救ったのは、“半獣”楽俊との出会いだった。陽子が故国へ戻る手掛かりを求めて、雁国の王を訪ねた二人に、過酷な運命を担う真相が明かされる。全ては、途轍もない「決断」への幕開けに過ぎなかった。

実質のシリーズ第一弾です。

十二国記は主人公も年代もバラバラなのでどこから読んでも面白いです。

十二国記最新刊「白銀の墟 玄の月」あらすじ。どの巻から読んでも面白い!十二国記をあなたはどこから読みますか? まとめ

今人気沸騰の十二国記。

新シリーズは今のところ4巻まで出版されることが決まっています。

秋の夜長シリーズとして読み進められても良いかと思います。

さて、あなたはどれをチョイスしますか?

プロフィール

 

司書歴13年。

これまで培ってきた図書館員としての知識を綴り最近はやりのイベントについてやオススメの本についてや、本に関わるアレコレを書いています。

 

私はこのサイトを通じて、全然本を読んだことがない、興味すらないという方には「きっかけ」を

本は読んだことはあるけど、この本読んだことがないなという方には、「魅力」を

そして、

本なんか毎日読んでいるよという読書家さんには「他の人の感想」を

お伝えしたいなと思っています。

良かったらみなさんのオススメの本も教えてくださいね♪

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする