【司書が選ぶ】読み聞かせの本って何を選べばいいの?読み聞かせの絵本を選ぶ時のポイントとは!

本屋さんに行くと絵本コーナーにはおすすめの絵本がずらりと平置きしてあります。

「たくさんあって嬉しいし、楽しいけど、たくさんありすぎて選べない!!(^◇^;)」

「いったいどれを子どもに読んであげれば喜ぶの?」

「どれが子どもに良い本なの?」

などなど、悩んでしまい、結局何も買わずに帰ってきた(^_^;)

そんな経験はありませんか?

わたしはありますよー

買うとなると、ハードル上がりますしね!!

そんな私のような方は是非図書館にお越しくださいね❥

今回の記事では絵本を選ぶコツをお話させていただきますね!!

司書は何を見て、読み聞かせの本を選んでいるのか!?

読み聞かせをするのに良い絵本は、絵本の世界を楽しめること

絵本を選んでいただくときに、1番に心にとめておいて欲しいことは、

絵本の世界を楽しめるかなということです。

大人の考える良い絵本って、ためになったり、有名だったり、教訓めいていたり、、

ですが、読み聞かせをするという目線で絵本を見たときの「良い絵本」というのは

子どもが自分で読んだり人に読んでもらったりしたときに、

その絵本の世界に自然に入り込み、読んだ後、深い感動とともに、お友達に共有したくなっちゃうような心が踊らされる絵本が良い絵本だと思っています。

深い感動は、大きくなった後も心に残っているものです。

そしてその感動は、お子さんの心を豊かに育んでくれることでしょう。

また、「良い絵本」は読んでくれたお子さんそれぞれによって変わってきます。

それが個性というものですもんね。

ですから、「あの子が良いって言ってた本なのに、うちの子は見向きもしない」

なんてがっかりされなくて結構です。

ひとりひとりのお子さんにあった「良い本」を探していけばいいんです♫



読み聞かせの本は、読み手自身がその絵本が楽しめたかどうかで選ぼう

ご家庭でご自身のおこさんひとりかふたりに少人数で読み聞かせをしてあげる時は

お子さんの読んで欲しいと言った本を読んであげることが1番です。

もし、パーティー等でみんなを集めて読み聞かせをしなくちゃいけなくなったとき、

それにほ「本選び」が必要になってきます。

その「本選び」の大事な要素

それは、読み手自身がその絵本を楽しめたかどうか

なんです!!

読み手自身が楽しめたかどうか、を念頭においてから下記の絵本を選ぶポイントを踏んで行ってくださいね。



読み聞かせの絵本を選ぶpoint

1,ものがたりやテーマがわかりやすいか

  • 主人公がはっきりわかる

聞き手のお子さんが主人公になりきってお話を楽しめるものが小学校低学年のお子さんには向いています。

  • ものがたりが時間の流れに沿って展開している

回想シーンが多すぎると、何のおはなしか、理解できる年齢が限られてくるので、注意が必要です。

お話が整理されているか、確認します。

テーマが盛りこまれすぎていると、内容が伝わりにくくなってしまいます。

ストーリーはおもしろいか

大人は、絵が綺麗なだけの絵本も「良い絵本」と思ってしまいがちです(^◇^;)

わたしもそう。。

ですが、お子さんは、おはなしのすじを追って、「これからどうなる」とワクワクした気持ちで読んでいます。

その好奇心を満足させ、読み手をどんどん引き込むストーリーを見極めましょう。

リズムがあって、美しい日本語の絵本を選ぶ

赤ちゃん向きの絵本は、歌うようなリズミカルなことばでかかれています。

声に出して読んだ時に、心地よく感じることばです。

何年か前に「声に出して読みたい日本語」が流行りましたよね。

これも体に心地よいリズムのため、すんなり入ってきてくれます。

子ども版 声に出して読みたい日本語

子ども版 声に出して読みたい日本語

CDバージョンもあります。

ぞうくんのさんぽ なかのひろたか

「ぞうさんのさんぽ」は声に出して読んだときの心地よさが抜群です。

きょうは いいてんき。

ぞうくんは ごきげん。

どれどれ、さんぽにでかけよう。



くりかえしがうまく使われているか

小さい赤ちゃんに何度も「いないいないばあ」をして喜んでもらった経験はありませんか??

小さいお子さんほど繰り返しを好むんです。

ですので、読み聞かせの絵本を選ぶときにも効果的にくりかえしが使われているか、見ていくことも重要です。

絵本の中で繰り返しに子どもたちがであうと、次の展開はこうかな?

と予測をはじめます。

そして、物語が進んでいくうちに、「やっぱりそうだったー」と予測が当たったことに喜びを感じるんです。

その喜びがことばや知識を体に染み込ませていってくれるんです。

ですから、

くりかえしがうまく使われている絵本はとっても良いわけです。

また、そういったくりかえしがうまくつかわれている絵本にはことばのリズムもうまれ、ストーリーも素晴らしいものが多いです。

絵は魅力があり、わかりやすいか

小さいうちはなおさら、美しい絵に出会わせてあげたいものですね。

しかし、あまりにもデフォルメされたり抽象的に描かれている絵はお子さんがまだ理解できないので読み聞かせには向かないことが多いです。

くだもの 平山和子

やさい

いちご

これらの絵本はくりかえしも入っていますし、写実的な絵なので、お子さんに好まれます。

「さあ、どうぞ」という場面では、その場面に実際に手を伸ばして食べる真似をしてくれたり、読み手に食べさせれくれるお子さんも多くいらっしゃいます。

絵を見るだけでストーリーがわかるか

絵本というだけあって、字の読めないお子さんのために絵がついている本でもあります。

ですので、絵本は絵を見ながら時を読まなくても、ページをめくることによって、ストーリーがわかる必要性があります。

特に3歳前の小さいお子さんのためには、絵や画面が簡単なものを選びます。

また、お話の雰囲気に絵があっているか、というところも必ずチェックしてみてください。

子どもが理解でき、共感できるか

読むお子さんのことをきちんと考えて作られているか、というのもチェックします。

お話の中に、お子さんの知らないことや未知の文化、価値観等が出てきたときに、自然に理解できるよう工夫されているでしょうか?

またことばづかいは最適でしょうか?

お説教にならずに、知らず知らずのうちにお子さんの心に大切な「なにか」を届けてくれるのが良い絵本です。

いのちの木 バーバラ・バッシュ

中古しかありませんでしたが、

説教めいたことばを使わず、深い感動を届けてくれる絵本です。

まとめ

ざっとまとめてみただけでも、選ぶポイントがたくさんありましたね!!

ですがこのポイントだけ押さえておけば、

あとは当日の読み聞かせでは成功したも同然です!!

読み聞かせの世界でも、準備8割と言われています。

準備が万全にできたらあとは、当日の読み聞かせを楽しむだけなんです!!

もうすぐクリスマスの読み聞かせです。

何の絵本を読むかお決まりになりましたか?

お読みくださりありがとうございました。

プロフィール

 

司書歴13年。

これまで培ってきた図書館員としての知識を綴り最近はやりのイベントについてやオススメの本についてや、本に関わるアレコレを書いています。

 

私はこのサイトを通じて、全然本を読んだことがない、興味すらないという方には「きっかけ」を

本は読んだことはあるけど、この本読んだことがないなという方には、「魅力」を

そして、

本なんか毎日読んでいるよという読書家さんには「他の人の感想」を

お伝えしたいなと思っています。

良かったらみなさんのオススメの本も教えてくださいね♪

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする