「ヨーガに生きる」「ヨーガを転ず」あらすじ おおいみつる著 中村天風の人生を変えたカリアッパ氏との生活をこの2冊から読み解く

「ヨーガに生きる」「ヨーガを転ず」おおいみつる著 中村天風の人生を変えたカリアッパ氏との生活をこの2冊から読み解く

この2冊「ヨーガに生きる」「ヨーガを転ず」を読んでみようと思ったきっかけは、

私の尊敬する先生がお勧めしてくれたから!

これ以外にはありません。

少々古い本なので読みにくくはありますが、

読み始めてしまえば、面白いことこの上ないので、私もお勧めします!!

「ヨーガに生きる」「ヨーガを転ず」おおいみつる著

「ヨーガに生きる」中村天風とは

この本の著者はおおい みつるさんですが、

内容は「中村 天風」の生涯が綴ってある小説です。

中村天風(なかむら てんぷう)

本名:中村 三郎 (なかむら さぶろう)

1876年7月30日生まれ(明治9年)

大蔵省初代抄紙局長の中村祐興の息子

修猷館は英語ペラペラ、柔道部のエースだったが、試合で負けた生徒から闇討ちされ、刺殺し、退学。

諜報員になり、コサック兵に銃殺されそうなところ、すんでで部下に救出されたり、諜報員113名中生き残ったのは、9名だけという様々な危険を乗り越えた。

まさに大物です!!

ヨーガの本かと思いきや中村天風の自伝です

1巻:若き日の天風

1巻:若き日の天風

中村天風伝(1) 若き日の天風 [ おおいみつる ]

 

2巻:ヨーガに生きる

2巻:ヨーガに生きる

中村天風伝(2)新版 ヨーガに生きる [ おおいみつる ]

 

3巻:ヨーガを転ず

3巻:ヨーガを転ず

中村天風伝(3) ヨーガを転ず [ おおいみつる ]

 

の全3巻からなっています。

私も中村天風さんと同じように闘病中は、ヨーガを毎日していました。

(今は、ヨーガをしたいのですが、お気に入りだったスタジオが潰れてしまったので、新しい良いスタジオを探し中)

今出版されている多くの本のように

ヨーガのポーズが写真付きで掲載されているような類の本ではありません。

行間から、天風の修行や心を読み取り、ヨーガたるはなんぞやを知っていく本になっています。

それを見つけていくのが楽しい本です。なんども読みたくなります。

「ヨーガを生きる」は、三郎目線で進んでいく物語

主人公は中村天風の若い頃

まだ、自身を天風と名乗っていなかった頃の話です。

幼少期からイケイケだった三郎は、1906年に結核にかかり、北里柴三郎の治療を受けましたが芳しくありません。

アメリカに留学し医学を学んだり、サラベルナールに出会ったりしましたが、納得の行く答えを得ることができませんでした。

当時結核は不治の病

しかし、持ち前の精神力の強さと諜報員時代の人脈を駆使し、治す方法を探します。

日本ではどうにもならないが、アメリカやヨーロッパに行ったらどうだろうか?

そんな希望を持ち、様々なアプローチをしますが、

これといった打開策は見つからず、どうせ死ぬなら故郷で死にたいと、日本へ戻る決意をしたのでした。

恩人カリアッパ氏との偶然の出会い

1911年5月25日

日本へ帰る、その途中。

経由地であったアレキサンドリアにてインドのヨーガの聖人であるカリアッパ師と偶然出会います。

それこそが運命の出会いでした。

この出会いの文章がとても美しく描写されているので必読です!!

「ヨーガを生きる」は、三郎目線で進んでいく物語 カリアッパ「ヨーガに生きる」「ヨーガを転ず」おおいみつる著

村に着いてからの、三郎の心の声、今まで学んできたことをぶち壊す勇気、カリアッパ師との会話からヒントを得る心情

全てがヨーガを学ぶ者にとって勉強になります。

病気を治す心得満載です。

ヨーガの秘儀クンバハカで結核を治す!

三郎は、ヒマラヤ第3の高峰感チェンジェンガ山麓にある村で2年半修行を行い、クンバハカという秘儀を取得します。

この本を読めば、クンバハカというヨーガの秘儀の取得方法もわかってしまうんです!! 

この修行を通じて結核は治癒し、さらに悟りを得るに至ったというからには、読んで会得するしかありませんね!!

「ヨーガに生きる」「ヨーガを転ず」あらすじ おおいみつる著 中村天風の人生を変えたカリアッパ氏との生活をこの2冊から読み解くまとめ

天風のように強靭な肉体、強靭な精神力の持ち主でも若かりし頃ままだまだだったというのがわかると、修行もやってみようかなーという気持ちにさせてくれる本でした。

ヨーガの修行や悟りの修行のためには良いです。

中村天風氏の書籍はたくさんあれど、カリアッパ氏のことが書いてあるのはこちらの「ヨーガに生きる」「ヨーガに転ず」くらいしかないのではないかなーという作品なので、カリアッパ氏と天風氏の関係を知りたいのであれば絶対的にオススメです。

お読みくださりありがとうございました。

プロフィール

 

司書歴13年。

これまで培ってきた図書館員としての知識を綴り最近はやりのイベントについてやオススメの本についてや、本に関わるアレコレを書いています。

 

私はこのサイトを通じて、全然本を読んだことがない、興味すらないという方には「きっかけ」を

本は読んだことはあるけど、この本読んだことがないなという方には、「魅力」を

そして、

本なんか毎日読んでいるよという読書家さんには「他の人の感想」を

お伝えしたいなと思っています。

良かったらみなさんのオススメの本も教えてくださいね♪

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする