「熱帯」森見登美彦著兼主役!!直木賞アンド本屋大賞ノミネート作「誰も読み終えることができない小説」【熱帯】あらすじは

「熱帯」森見登美彦著兼主役!!直木賞アンド本屋大賞ノミネート作「誰も読み終えることができない小説」 あらすじは

文藝春秋から出版されました本書「熱帯」。

出版された時から読むのが楽しみだったこの作品「熱帯」。

さてさてどんなお話なのでしょうか

熱帯 森見登美彦 あらすじ

「熱帯」主人公:森見登美彦著者本人。

森見登美彦

京都での大学生活ののちに、東京で作家と国立国会図書館の職員という二足のわらじ生活をへて、奈良に戻った森見さん。

次回作が全然書けず、ぐだぐだしているなかで、ふと昔読んだ「熱帯」という本のことを思いだします。

その本に書かれていたのは、佐山尚一という男の物語でした。

不思議な世界観に心惹かれ、大切に1ページずつ読もうと思った矢先に、枕元に置いてあったはずの本が突然消えてしまいます。

図書館を探しても書店を探しても見つかりません。

あの小説のつづきはどんなものだったのか、そんなことを考えていると、森見さんは国会図書館時代の友人に「沈黙読書会」という不思議な会に誘われます。

そこで消えてしまい、全然見つからなかった「熱帯」をもつ若い女性と出会います!!

しかし、その女性は森見さんに「熱帯」を読ませてくれません。

そして、こともあろうにこの小説は誰も読み終えることができないのです」とさえ言ってくるのです。

彼女はここで「熱帯」をめぐる「学団の物語を語りはじめます。

「熱帯」 

彼女が話してくれたのは、「熱帯」の内容を追う「学団」という団体のことでした。

「熱帯」を探す謎のグループ「楽団」とは??

有楽町の雑居ビルにある鉄道模型店で働く白石さんは、毎週決まって遊びにくる池内さんという男性と親しくなります。

池内さんの話を聞いていくうちに、「熱帯」の謎を調べるグループ「学団」のメンバーで、

昔読んだ「熱帯」の内容を忘れないように黒いノートにその内容を書きとめ、ほかのメンバーと共有することで熱帯の全体像をつかもうとしていることがわかります。

そして、実は白石さんもその本を読んだことがあることを思い出し、それならと、池内さんから学団のメンバーに誘われます。

学団の集まりに参加してみてわかったこと、

学団員の共通点は

「熱帯」を読んだことがあるが、誰もが途中までしか読んでいない

ということでした。

本屋大賞と直木賞にダブルでノミネートした作品が「熱帯」!!

本屋大賞と直木賞にダブルでノミネートされた森見さんの「熱帯」

これを知ったときには、読みたくて読みたくてたまりませんでした。

(でも、結構な厚さ。。表紙は暑そう笑)

ですが、電子書籍ならちょっとは緩和されそう。

直木賞は、真藤順丈さんの「宝島」に決まりましたが、

本屋大賞は一体誰の手に!!?

発表が今から楽しみですね✧

森見登美彦さんとは

奈良県生駒市出身、奈良市在住。

森見登美彦はペンネームで、「森見」は、本名の姓です。

登美彦は奈良県に所縁のある登美長髄彦を合わせたもので、地元愛に溢れ、地域に根付いた作家さんです。

奈良女子大学文学部付属中学校・高等学校(現:奈良女子大学付属中等教育学校)、京都大学農学部生物機能科学応用生命科学コースを卒業したのち、同大学の大学院農学研究科修士課程を修了しました。

ちなみに、在学中はライフル射撃部所属だったようです!!

 デビュー後、しばらくは国立国会図書館職員との兼業作家として執筆活動を続けていたが、連載を抱えすぎて行き詰まり、2011年8月にすべての連載を休んで故郷の奈良にもどりました。

その休載は今回の「熱帯」をもってすべて清算が終わったようです。

森見登美彦 作品と受賞一覧

太陽の塔

2003年

第15回日本ファンタジーノベル大賞受賞

京都大学在学中に執筆した『太陽の塔』で小説家デビュー。

夜は短し歩けよ乙女

2006年

山本周五郎賞

『夜は短し歩けよ乙女』

ペンギン・ハイウェイ

2010年

第31回日本SF大賞

『ペンギン・ハイウェイ』

聖なる怠け者の冒険

2014年

第2回京都本大賞

『聖なる怠け者の冒険』

夜行

2017年

第7回広島本大賞

『夜行』

気になる本がありましたら、「熱帯」の次に読んでみてはいかがでしょうか?

登場人物は森見さんのお知り合いの方で、実在の人物のようです。

それがまた、この小説を不思議な世界へといざなっているのでしょう。

「熱帯」森見登美彦著兼主役!!直木賞アンド本屋大賞ノミネート作「誰も読み終えることができない小説」 あらすじは まとめ

森見さんの作品は、実在の人物が登場することが多いように思います。

不思議な世界観のある作品も多いです。

元国立国会図書館の職員さんというところには、親近感を覚えます。

お読みくださりありがとうございました。

プロフィール

 

司書歴13年。

これまで培ってきた図書館員としての知識を綴り最近はやりのイベントについてやオススメの本についてや、本に関わるアレコレを書いています。

 

私はこのサイトを通じて、全然本を読んだことがない、興味すらないという方には「きっかけ」を

本は読んだことはあるけど、この本読んだことがないなという方には、「魅力」を

そして、

本なんか毎日読んでいるよという読書家さんには「他の人の感想」を

お伝えしたいなと思っています。

良かったらみなさんのオススメの本も教えてくださいね♪

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする