【行ってみたシリーズ】東京駅地下直結オアゾ丸善丸の内本店

こちらの本屋さんは電車に乗っていても見えるので気になっていました。

でも本屋さんに行くと長居してしまうので、時間のあるときじゃないと行けないなーと思っていたんです。

それが今回東京で予定があり、たまたま2時間空いたので、美術館と迷いましたが、「丸善」行ってきました!!

丸善とは

全国に北は北海道、南は沖縄、そして台湾にも1店舗、全245店舗もあります。

2015年には、丸善書店・ジュンク堂書店合併により社名を「株式会社丸善ジュンク堂書店」に改称しました。

“Book Museum”のコンセプトを最もビジュアルに表現する「こころ」豊かになれる空間、ミュージアムゾーンを展開し、“ブックアドバイザー”とよばれる専門家を置いています。

丸善・丸の内店 アクセス

住所

東京都千代田区丸の内1-6-4 丸の内オアゾ 1~4F 丸善

東京駅丸の内口を出て横断歩道を渡ってすぐの高い建物の中に入っています。

もしくは、丸の内口から外に出ると、すぐ地下に向かう階段があるので、その階段を下り、案内板に沿ってオアゾの方へ向かうと丸善さんがあります。

JR東京駅丸の内北口 徒歩1分
(京葉線のホームから丸の内北口まで徒歩10分程度、新幹線のホームからも場所によっては5分以上要しますのでご注意を)
地下鉄 東京メトロ 丸の内線 東京駅 徒歩5分
地下鉄 東京メトロ 東西線 大手町駅 徒歩5分
地下鉄 都営地下鉄 三田線 大手町駅 徒歩5分
地下鉄 東京メトロ 千代田線 大手町駅 徒歩7分

丸善・丸の内店

丸善公式HP

全体マップ

1階 和書

  • 就職本
  • 政治
  • 経済
  • 経営
  • ビジネス

ビジネスマンさんで1階は混み合っていました。

新刊の棚もわかりやすいように陳列しており入った瞬間からワクワクがとまりません!!

今はこんな感じのジャンルが流行っているというのが一目でわかる棚がありました。

2階 和書

  • 雑誌
  • 実用書
  • 文学
  • 地図
  • コミック

見たことのない雑誌が所狭しと並んでいました。

他のお客さんのお話だと、ご自宅の近くの書店には置いていない漫画が丸善にはあるのよねーというのをおっしゃっていました。

分野ごとの展示がたくさんあり、たのしめる書店です。

3階 和書

  • 芸術
  • 人文
  • 教育
  • 語学
  • 児童
  • 文庫・新書・選書
  • 理学

このフロアに一番長居をしました。

文庫や新書が好きなこと。

今はまっているテーマが医学や筋肉なことから他の本屋さんには置いていない参考書や専門書を読み漁りました。

今の時代、買うにはインターネットで困りませんが、いかんせん、文字の感じや行間、紙の手触りや重さ、そんなものを体験してから購入したいので、書店に足を運んでしまいます。

また、タイトルではドンピシャな資料であっても中を覗いてみると、話の主流が実際にはわたしの知りたいことと相違があることがあります。

そんなとき、残念な気持ちになって読まなくなってしまい、本にもかわいそうな思いをさせてしまうので、わたしは極力本屋さんで本を購入しています。

4階 洋書・文具

  • Japan
  • Fiction・Art
  • ELT
  • 文具
  • 万年筆
  • 時計

ちょっと休憩

エムシーカフェさんはオアゾの4階 丸善の中にあります。

hont,ジュンク堂,丸善,丸の内,エムシーカフェ,書店,本屋

オススメはハヤシライスなのだそうですが(今知りました)私は下記のホットサンドをいただきました。

サックサクでおいしい。

この日の特別メニューは「ナポリタン」でした。

召し上がってらっしゃる方も多く見えました。

お一人様が多かったので入りやすかったです。

店内には4人のスタッフさんがいらっしゃって、常時忙しそうでした。

エムシーカフェ

機械の充実度

棚の角や、書店員さんの目が届かないであろうところにたくさん監視カメラがありました。

また、書店員さんは忙しそうだったのでその分、本の検索機がたくさん置いてありました。これで欲しい本はすぐに見つかりますね!!

honto

丸善が運営している便利な本の通販サイトです。

まとめ

今回念願の丸善さんに突撃できてよかったです。

お店自体が高級感に溢れており、通路も広くコンセプトであるBook musiumを体現されていました。

また時間のあるときに訪れたい落ち着いた雰囲気の書店でした。

この書店に訪れればなにかわからないことがあったとき、該当の棚やその周辺の棚を見ることで問題が解決されるだろうなーと猛烈に思いました。

プロフィール

 

司書歴13年。

これまで培ってきた図書館員としての知識を綴り最近はやりのイベントについてやオススメの本についてや、本に関わるアレコレを書いています。

 

私はこのサイトを通じて、全然本を読んだことがない、興味すらないという方には「きっかけ」を

本は読んだことはあるけど、この本読んだことがないなという方には、「魅力」を

そして、

本なんか毎日読んでいるよという読書家さんには「他の人の感想」を

お伝えしたいなと思っています。

良かったらみなさんのオススメの本も教えてくださいね♪

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする